08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.04.18 (Thu)

久しぶりの更新です!

父母の介護もあって、更新できずにいたのですが、つい先日しまさんという方からメールでコメントをいただきまして、感激のお礼に更新します。

-----------------------------------------------------------
名前:しま
タイトル:フェレットさんへの強い愛を感じました!
********************
 実は、サーカディアンリズムの良いグラフを探していてたどり着きました。
 理系研究職のモノです。インスリノーマなんて強敵が可愛い(ムスメ)さんにふりかかってしまったけれど、人間でも、ここまでの科学的な深い理解、粘り強い支援をできることはなかなかないです。
 とても長生き、つぶらな瞳、良い日々がオジョー様ズにありますように!
-----------------------------------------------------------

ありがとうございます!ブログでお礼申し上げます。

励みになります。ムスメと呼んでいただいて、そうなんです、ムスメで
上の姉ちゃん(モモコ)、妹しゃん(てるる)というように病院でもタクシーの中でも呼んでいるので、
タクシーのドライバーの方はこちらはとても親切で、いつも気遣って可愛がっていただき、
遠路の病院まで3週間に一度、父母の介護のほかにまた通院させております。

モモコはインスリというより低血糖判明から、はや2年3ヶ月目で、6歳のバースデーも迎えてくれました。1月ごろは発作が多くもうだめだと思ってました。


ひとつインスリの身でモモコが冬を越すのに大変役に立ったかなと思うのは、、、

まず、ケージ下の「電気シーツ」でした。今でも2ぐらいにしています。冬場はMAXで6まで上げていたかも。。。後は温度をガスファンヒーターで22℃以上に必ずしていました。それから「ケージ内で安静」を図りました。
またまた今年になっての、大きい変化は、
ジアゾキシドだけのときから、私が勤めがあることを病院の先生が考慮してくれて、
「ジア+少々のステロイド」の状態を少々を保っています。肝臓の数値はあがるんですが、
大丈夫みたいです。あまり神経質にならなくなりました。
それから、やっぱりこの病気になってがんばってきた事は、必ず「免疫サポート」を使っています。
今は「免疫サポート」だけでサプリなどはほとんど何も入れなくなりました。
ただ、副腎の予防のメラトニンだけ使ってます。

ビタミン類は食欲に問題あれば、Bコンプレックスを使うときがありますが、
老齢の二人にはなぜか、、、ほとんど食欲不振がなく逆に食欲旺盛な方で、
助かっています。食欲がある状態だとタイミングよくあげれば消化吸収はよく、
この状態では、あまりサプリを使用せず、
免疫サポート内のたんぱく質の方を身体に接収してもらい、おいしそうに食べてくれます。

スプーンで介添えしてあげてますが、おいしそうに最後まで舐め舐め食べる姿を見て、自分もがんばらなきゃ!って励まされているかのようで、めちゃいい時間でございます


ただ、今のモモコちゃんが困っていることは、おしっこやうんちの排泄後にできてしまった
おしっこする箇所の「むれ」からによる赤いただれのような皮膚の炎症です。

うんちがたまに指定箇所にできないことがあり、そしてたまにある軟便のときはお尻につきっぱなしで、後ろ足ははなんぜ開脚状態ですので、この箇所がむれて赤いただれができてしまい、これが可哀相で、
シャワーとかなんとかよりも、とにかく浴槽につけ洗いで、その後赤ちゃんのように、軟膏を塗って、
パウダーをつけてあげるのが日課でございます。


それはそうと、てるる様もどうやらインスリになってしまったようです。


けれども、、、6歳になる二人とも副腎疾患に今のところなっていなく…、てるるは陰部が腫れるときはあるのですが、メラトニンと一回のリュープリンですぐ引くようになり、エコーでは副腎の腫れがないとのことです。

私が必死な思いで勉強したからなのでしょうか? だとするとうれしいです。


ということは、朝~昼までのメラトニン投与(2歳の頃からずっとアレルギー・リサーチ社のものを変更せず使っています…)それとできるだけ部屋は暗くしていて、たまに日光浴、規則正しくするなどが
副腎予防になったのか・・・とも思います。ただしこれから発病する可能性はありますので、
なんともいえないのですが、、、、



インスリノーマに関して、今思うに、やはり2歳頃までバイトをあげすぎて甘いものに慣らしてしまったかな。
肉食動物の甘いものに関するインスリ分泌の感受性はただならぬものがあるみたいです。

後は、やはりですね・・・肉食の手作りごはんのときが調子がよかった。ずっとそうしてあげたかったのだけど、
勤めがあるので、無理がきてしまった・・・
疲れがきて免サポやアイソカルプラスに頼るようになったけれど、
また、プラスドライフードもふやかしで食べられるようにしてあげないと留守中が大変ですたい。


結論として、2歳くらいから予防策をやっておくといいのですね。メラトニンだけでもいいので。
後は下痢をさせない環境づくり(腸内環境に響くことは免疫力が一番下がってしまうので…)、、、たばこは絶対にNGだと思います。


てるるが後2週間で6歳になります。子供の日が二人揃って迎えられるようにと、父母の介護で気が重い分、
二人がよく、ご飯をおいしそうに食べてくれるとき・・・とても今癒される時間です。


まあママンことかあちゃんにとっては、おジョー様たちは、2歳の頃と今と、変わりなく、可愛いです。
スプーンで食事をあげて、はふはふ食べてくれるモモコと、
そんなことしないでも、食欲だけはものすごく旺盛なてるるしゃんと、
介護できるだけでもシアワセである事、もし皆さんが若いフェレママさんでしたら、
こういう時間も恐れず、体験してほしいかなって思えます。


連休に写真アップしたいです。またそのときは見てくださいね。


モモコは1.46キロあり、てるるは1.3キロあります。2歳の頃のワンピや衣装が入りませぬ。。。
洋服を新調して作っていますので!



それでは、またです!



今日は父を病院に連れて行ってから勤務でございます。ふあ~.....
でもどんなときも、今日も良き日でありますように!




love,



neeenee一家より
スポンサーサイト
03:13  |  おジョー様ズの健康  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://ferretmomoko.blog105.fc2.com/tb.php/407-97f4426b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。